教員紹介

イメージ

学生時代は本当に大切。様々な挑戦がきっと自分の財産になる。

鈴木 基史
SUZUKI MOTOHUMI

学生時代は本当に大切。様々な挑戦がきっと自分の財産になる。

自己紹介をお願いします

富山大学経済学部(平成2年に着任)で財務会計論と簿記論を担当していました。
卒業生は300人ほどで多岐にわたる業界で活躍しています。最近は大学の運営を任されていました。

専門分野と研究テーマを教えて下さい。

財務会計論が専門分野です。ディスクロージャー制度の基礎理論や国際会計基準の導入による制度変化を研究しています。

先生の授業の特徴を教えて下さい。

新聞に掲載されている経済記事のほとんどに会計用語が使われています。
それらの理解ができるようにすることはもちろんですが、それだけでは非常につまらないものになります。できる限り企業の提供する実際の数値をまたは事例を示しながら会計の実務や理論を講義していきます。

学生時代の一番の思い出を教えて下さい。

資格試験へのチャレンジやゼミナールでの発表が思い出に残っています。専門ではない、日本文学のゼミに参加し、作家を通して「人間いかに行くべきか」について議論し、将来の夢を語り合ったことが財産になっています。

プライベートの過ごし方を教えて下さい。

趣味は、クラシック音楽鑑賞です。学生時代には吹奏楽や合唱をしていましたが、現在は聞いたり、見たりだけになってしまいました。スポーツは、スキーをしています。志賀高原や白馬で年に10日以上は滑っています。

message for examiree

受験生・学生へのメッセージ

学生時代は本当に大切です。いろいろな人達と話したり、海外留学など挑戦をしてみてください。きっと自分の財産になるはずです。
勉学の面では、どうしてこの会社がトップで活躍できているのだろうか、なぜこんな商品が作れたのだろうかなど資料や実際に話を聞きながら考えることが大学でできます。充実した4年間を送れるようにサポートしたいと思っています。

マーケティング・経営コラム一覧

入試情報

資料請求