• 2022/11/22

    ゼミ・プロジェクト

丹嶺学苑研修センターにてゼミ合宿!(神栄ゼミ)

こんにちは!神栄ゼミです。

神栄ゼミは「イノベーション・マネジメント研究室」として、3年生20名が所属し(内3名は留学中)、『“Beautiful(見た目だけでなく、美しい生き方) & Better Life(より良い暮らし)” + 「わくわくすること」を創造すること』を研究しています。通常は、学部間連携プロジェクト・産学連携プロジェクト・域学連携プロジェクトなどのプロジェクト活動をしていますが、11月12日~13日に丹嶺学苑研修センターにて、ゼミ合宿を行いました。

 

ゼミ合宿では、2社の企業様から課題を提供していただき、1泊2日で商品企画を仕上げて発表しました。スキンケア化粧品と、アパレル関連の商材、どちらも「現在は主に40~60代のお客様が買ってくださっている」そうなのですが、それらを「Z世代向けの商品としての企画を考える」という課題でした。どちらの商材も魅力的に思えるもので、どういう商品企画案にしようか、合宿が始まる前からわくわくしていました。

合宿1日目

秋の丹嶺学苑研修センターは少しずつ紅葉が始まっていて、ランチの後に散歩をしたり、柿を取ったり、とても気持ちの良い環境の中でゼミ合宿をスタートすることが出来ました。1泊2日のゼミ合宿といっても、グループワークが出来る時間には限りがあるので、午後は早速、最終発表に向けたグループワークに取り掛かりました。今回は、通常のプロジェクトのグループとは違って、ゼミ合宿用に組んだ4グループ(各商材2グループずつ)に分かれて、それぞれ思い思いの場所で話し合いました。その後、中間発表をして、ほかのゼミ生や先生から質問やフィードバックを受けたら、初日のグループワークは終了です。グループの中には、企画案を一から考え直さないといけないグループもあり、ちょっと焦っていた人もいましたが、一旦作業から離れて、バレーやバドミントン、テニスなどをして遊ぶ時間を楽しみました。「昔はもっとできたのに!!」などと言い訳もしながら、久しぶりに良い汗をかきました。

夕食は、野外クッキングで手作りのカレーだったのですが、いつも以上に美味しく感じたのは言うまでもありません・・・・・

 

合宿2日目

前夜夜遅くまで、入浴後にすっぴんでディスカッションをし、時には半分寝ながら自分の意見を出し合っていたので、明け方に寝た人も多かったのですが、時間通り7時半に朝食。その後、11時まで追い込みのグループワークです。最終発表には企業の方々も聞きに来られるので、最後の最後までプレゼンテーションに手を入れました。

Z世代向けの商品企画案の背景として、Z世代のトレンド分析も必須です。今のZ世代の関心事は何なのか?Z世代はどんな価値観を持っているのか?など。たとえば、「推し活」や「ミニマム思考・荷物をできるだけ少なくする傾向」、「自己表現・パーソナライゼーション」などが挙げられます。4つのグループの最終案は、こういったZ世代の価値観やトレンドのキーワードもしっかりと考慮した企画案に仕上がっていました!

自信を持ってプレゼンに!

今まで、新たな商品を生み出すことは何度か経験していましたが、既存の商品に新しいコンセプト、価格、プロモーションを設定することの難しさと面白さを今回、体験しました。また最終発表時は、少し緊張しましたが、グループのみんなと協力し、1泊2日という限られた時間だったからこそ、個人が最大の力を発揮できた企画だったので、自信を持ってプレゼンに挑むことができました。

企業様からも、「女子大生ならではの考えで、思いもよらない方向からアプローチした企画案だった!」と大変ご好評をいただきました。1日目の夜は、なかなか内容がまとまらず、どうなるのか不安でしたが、なんとかやり切ることができて良かったと感じます。また、一泊したからこそ、体験できることが多く、とても楽しかったです。普段ゼミの時間だけではできないことや話せないことなどを共有できたので、以前よりもっと仲良くなれたと思います。留学組が帰国してから、今度はゼミ生全員で行きたいです。

(3年 菊川 菜々子)

入試情報

資料請求