実践学習

社会との交流を通じて学ぶ
3つの実践学習科目

経営学部経営学科では学内外を学びのフィールドにする
3つの実践学習科目を用意しています。
社会の課題を直接体験することと自己の適性に気付くことを
目的として、1年次後期よりスタート。
「実践学習センター」によるサポートのもと、目指すキャリアに応じて、一般企業、外資系企業、地方自治体などで実施します。

1年次前期 1年次後期から4年次後期

01

インターンシップ

“働く”を体感する実践の場に

国内外の企業、官公庁、非営利組織などにおける就労体験を通じて、
実社会の課題を学ぶとともに、自分自身の適性や能力を理解します。

インターンシップ活動

  • 実際に職場を訪問し、さまざまな仕事を学ぶ
  • 指示されたテーマについてプランを練る
  • 自分たちが考えたプランを発表する
  • 商品開発や販売を実際に体験する

02

サービスラーニング

地域貢献・社会奉仕活動

市民として、地域におけるボランティア活動に参加。
協働を通じて新しい視点を得ると同時に、多様な課題解決を経験します。

サービスラーニング

  • 地域のボランティアに参加する
  • 子育て支援に参加する
  • 高齢者支援に参加する
  • 地域交流イベントを手伝う

03

フィールドワーク

データ収集・研究から現場を知る

企業、消費者、地域文化など、自分の興味・関心のあるテーマに即した
現場に身を置き、観察や聞き取り・アンケート調査などを通して
データ収集・研究を行います。

フィールドワーク

  • 商店街を調査する(客数・店舗など)
  • テーマを決めてインタビューする
  • テーマを決めてアンケートをする
  • 地方の魅力を探す

実践学習センター

実践学習を行ううえで学生と企業・地域の皆様をつなぐ窓口となるのが「実践学習センター」です。
経営学部経営学科内に設置されており、専門スタッフが常駐し、
学生への情報提供、受入先との調整連絡や相談対応などに対応します。

prev

next

3つのスタディーズ

カリキュラム

短期留学

教員紹介

入試情報

資料請求