短期留学

『英語を学ぶ』だけでなく
『英語でビジネスを学ぶ』留学

経営学部経営学科では2年後期の4か月間、米国ワシントン州スポケーン市にある『ムコガワ・フォート・ライト・インスティテュート(MFWI)』にて短期留学プログラムを行います。
武庫川女子大学では30年近くさまざまな学部で短期留学を行ってきた実績を活かし、学生が安心して実りある留学期間を送れるよう多面的にサポートします。

留学先はアメリカ分校

  • 留学先である武庫川女子大学のアメリカ分校『ムコガワ・フォート・ライト・インスティテュート(MFWI)』は、米国ワシントン州スポケーン市にあります。シアトルから比較的近い便利な場所です。
    MFWIは教室だけでなく、図書館、日本文化センター、寮や食堂もあって、日本人の職員もいます。
    英語「を」学ぶだけでなく、英語「で」ビジネスを学ぶことも行い、将来の国際的な活躍の基礎となる英語力を養います。
    また、近隣の女子大学生によるRA(レジデント・アシスタント)として、留学中の学生を支援してくれます。

MFWI・留学について

学びについて

英語でビジネスを学ぶために、2年生後期に4か月間留学し、7科目を履修します。
ここでは米国人教員がリスニング、ライティング、カンバセーションの3科目を教え、
近隣の名門ゴンザガ大学経営学部の米国人教員がミクロ経済学、会計、財務の3科目を教えます。
経営3科目については、ゴンザガ大学のキャンパスを利用する予定です。

POINT

武庫川女子大学の分校への留学のため、追加の学費は必要ありません。(※寮費と食費、旅費は必要になります)

2年生の後期カリキュラムに組み込まれているので、留年の心配はありません。

英語でビジネスの科目を学ぶため、将来、海外関係の仕事をする際、役立ちます。

全寮制で安心・安全。約10人の学生につきResident Assistant(RA)と呼ばれるアメリカ人女子大生が1人つき寝食をともにします。

夕食後はチュートリアルという時間が設けられ、寮生はRAと一緒に勉強したり、ゲームをしたり、さまざまなトピックを語り合い、生活の中で生きた英語を学びます。

短期留学中にTOEFLスコアを高めれば、ゴンザガ大学、もしくはイースタン・ワシントン大学での受講(単位交換協定あり)や、デュアル・ディグリーへの挑戦も可能です。

3つのスタディーズ

実践学習

カリキュラム

教員紹介

入試情報

資料請求