Loading...
  • 経営学部について

MESSAGE

メッセージ

一生を描ききる女性力を

これからの時代を生きる女性には、
生活環境やライフステージの変化に適応し、
時代の波を乗り越えて、
自分のキャリアを生涯にわたってデザインする
総合的知識と実践力が必要です。

メッセージ

NEWS&TOPICS

ニュース&トピックス

FAQ

よくあるご質問

  • Q
  • 武庫川女子大学経営学部ではどのような学生を育てますか?
  • A
  • 本学経営学部では、組織を経営するだけでなく、自分も経営できる人を育て、卒業生が自分のキャリアを生涯にわたって“しなやかに”構築してくれることを願っています。そのために、グローカルな視点(グローバルな視点とローカルな視点の両方)を持って、自分の周りにいる多くの人たちと連携しながら、ビジネスの現場で活躍できる女性を育成したいと考えています。
  • Q
  • 武庫女の経営学部の学びには何か特長はありますか?
  • A
  • 学びの大きな特長には、スタディーズ(学びの分野)制と実践学習の二つがあります。
  • Q
  • 短期留学の内容はどのようなものですか?
  • A
  • 武庫川女子大学は、米国ワシントン州スポケーン(シアトルから比較的近い)に英語学習のための分校として、ムコガワ・フォート・ライト・インスティテュート(MFWI)という施設を持っています。教室だけでなく、図書館、日本文化センター、寮や食堂もあって、日本人の職員もいます。近隣の女子大学生によるRA(レジデント・アシスタント)も留学生を支援してくれます。経営学部では、2年後期の4か月間にこの環境で学ぶ留学プログラムを用意しています。ここでは米国人教員がリスニング、ライティング、カンバセーションの3科目を教え、近隣の名門ゴンザガ大学経営学部の米国人教員がミクロ経済学、会計、財務の3科目を教えます。英語「を」学ぶだけでなく、英語「で」ビジネスを学ぶことも行い、将来の国際的な活躍の基礎となる英語力を養います。
  • Q
  • 経営学部で身につける知識は、将来どんなところで役に立ちますか?
  • A
  • 経営学は企業だけでなく、国・地方自治体、学校、病院、NPO、家庭など、さまざまな組織を運営するための知識です。そのため、国内外のいろいろな企業や組織で働くときに役立ちます。また、自分で起業するときにも役に立ちます。
  • Q
  • 就職先にはどのようなところが考えられますか?
  • A
  • ビジネス・デザイン・スタディーズで主に学んだ学生は、美容・アパレル・食品など女性の視点が生かせる業種や、金融・保険、教育、観光娯楽、情報通信サービスなどの企業が考えられます。グローバル・マネジメント・スタディーズで主に学んだ学生は語学力や国際性の知識を活かして、日系企業の海外部門・海外現地法人、外資系企業、旅行会社などが考えられます。パブリック・マネジメント・スタディーズは公務員(地方自治体や国家公務員)、国内外のNPO、地域優良企業などが考えられます。

よくあるご質問

入試情報

資料請求